国際つり博2002レポート
The report of Japan International Sportfishing Exhibition 2002

 毎年釣り具業界にとって年はじめ恒例のビッグイベントといえば「国際つり博」だ。これほど大規模な釣り具関係のイベントは他に存在せず、それゆえに各出展メーカーは総力を挙げてアピールする。アングラーだけではなく、釣り具の卸業者やショップ、そして釣り雑誌も “今年のイチ押しアイテム”を各出展メーカーから探索する楽しみがここに詰まっている。逆にいえば、出展メーカーにとっては多数の一般アングラーと接することができる絶好の場所でもあり、新製品の紹介から今年度のカタログ販売、またはファンの声を聞くにはベストチャンスでもあるのだ。
 2002年度の国際つり博は、幕張メッセで2月8〜10日の3日間にわたって開催された。出展社数は138社7団体。この138社にはバス釣りメーカーだけではなく、他の釣り具メーカーも入っている。3日間の総入場者数は58042人と昨年より約2000人ほど減少しているが、今年はさらにコアなファンが多かった気がする。

topにもどるブース紹介へ