オオキンケイギク:注意 在来種に悪影響/徳島

 県内の園瀬川流域などでこの時期、黄色いかれんな花を咲かすオオキンケイギク。実は、強い繁殖力で在来種に悪影響を与える恐れがあるとして、06年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定されている。栽培や輸入は禁止されており、県は「見た目が美しくても、気軽に持ち帰ったりしないで」と注意を呼び掛ける。【大原一城】

 オオキンケイギクは、北米原産のキク科の多年草。高さ30~70センチに成長し、5~7月に大きさ5センチほどの黄色い花をつける。1880年代に主に観賞用として日本に輸入され、道路沿いの緑化にも使われてきた。今では全国で生息地が拡大し、長野県では天竜川上流域で同県の固有種、ツツザキヤマジノキクが駆逐されるなど、被害も出ているという。
 県立博物館の小川誠学芸員によると、県内では、徳島市や佐那河内村のほか、県南部の国道55号沿いなどでも広く群生が確認されており、「育ててもいい花と間違えられ、花壇で咲いていることもある」という。
 県はホームページなどで情報提供し、群生がある土地の管理者に駆除を要請することもあるが、繁殖力が強いため、株ごと抜く以外に有効な手だてはない。県自然環境課は「土地の管理者に任せるしかないのが実情」としている。6月21日朝刊

Yahoo!ニュース-徳島-毎日新聞