ブラッドリー・ロイが首位に浮上、大森さんもファイナル進出、AOYはKVDが獲得/B.A.S.S. Elite Series 第8戦:3日め

 アラバマ州ウィーラー・レイクで開催されているBASS Elite Series第8戦“Dixie Duel”はトーナメント3日めを終了。明日の最終日に進出する上位12名が決定した。トーナメントリーダーのデビッド・ウォーカーはこの日13Lb7ozと大きくウエイトを伸ばすことができず2位に後退。替わって首位に立ったのは、この日17Lb10ozをウエイインしてトータルウエイトを50Lb5ozとしたブラッドリー・ロイ。20歳のルーキーがビッグタイトルへもっとも近い位置で明日の最終日を迎えることとなった。以下、上位陣は3位ケビン・バンダム、4位オット・デフォー、5位グレッグ・ハックニーとなっている。前日15位につけていた大森貴洋さんは13Lb13ozを追加して12位に浮上、ファイナル進出を決めている。また、宮崎友輔さんは49位でのフィニッシュとなった。今シーズンのAOY争いにも決着がついた。暫定2位だったエドウィン・エバースがファイナル進出を逃したことで、ケビン・バンダムの1位が確定。バンダムが7度めのAOYを獲得している。

+B.A.S.S.
+成績