デニー・ブラウワーが17度めのB.A.S.S.戦優勝を飾る/B.A.S.S. Elite Series 第7戦:最終日

 アーカンソー州アーカンサス・リバーで開催されたBASS Elite Series第7戦“Diamond Drive”はトーナメントの全日程を終了。初日から首位を守り続けてきたデニー・ブラウワーは、ロックスルー時のトラブルによって帰着が6分遅れてペナルティを科せられたものの、この日7Lb5ozをウエイイン。トータルウエイトを52Lb2ozとして、2位のアーロン・マーテンスを抑えて自身17度めとなるB.A.S.S.選優勝を達成。奇しくも2位のマーテンスは前回のクラシックに続き、10度めの2位という悔しい結果となった。2011年のクラシック出場を逃していた62歳のブラウワーは、この優勝で次回のクラシック出場権を獲得。「これまでのキャリアの中で、もっとも長く優勝から遠ざかっていた期間を過ごしていただけに、この優勝は格別だよ」と語ったブラウワーのメインベイトは、ストライクキングのプロフットボールジグ3/4ozだったと明かしている。

+BASS
+成績