ニクソンとバタラーロが初日をリード、大森貴洋さんが9位発進/FLW Tour 第7戦 Opens:初日

 FLW Tourは第7戦Opensがメリーランド州ポトマック・リバーで幕を開けた。第5戦が増水の影響でキャンセルとなったため、FLW Tourは今回が実質第6戦となる。OpensということでB.A.S.S.組も数多く参戦しているこの大会の初日、トップウエイトとなる20Lb2ozを持ち込んだアングラーはなんと2名。同ウエイトで首位をシェアしたのはベテラン、ラリーニクソン(写真)とビック・バタラーロだった。以下、上位陣は3位マイケル・アイコネリ、4位グレン・ブラウン、5位ボビー・レインとなっている。日本人アングラーでは大森貴洋さんが15Lb14ozを持ち込み9位と好位置につけたほか、深江真一さんも13Lb7ozで35位と上位をねらえる位置につけている。
+FLW Outdoors
+成績