ラームバニスがトーナメントリーダーに/B.A.S.S. Elite Series 第6戦:2日め

 サウスキャロライナ州レイク・マーレイで開催されているBASS Elite Series第6戦“Carolina Clash ”はトーナメント2日めを終了。明日の3日めに進出する上位50名が決定した。前日のリーダー、ジェイミー・フラリックはこの日8Lb12ozと低迷、10位に順位を下げた。この日気を吐いたのは、2008年のElite Seriesでこの湖を制しているフレッド・ラームバニス。この日のトップウエイトとなる18Lb4ozをウエイインしたラームバニスは、トータルウエイトを30Lb9ozとして首位に浮上している。以下、上位陣は2位ケーシー・アシュリー、3位デビー・ハイト、4位ブライアン・スノーデン、5位リック・クランとなっている。日本人アングラーでは前日24位の大森貴洋さんが12Lb15ozを持ち込み、トーナルウエイト26Lbで13位にジャンプアップ。また、清水盛三さんが11Lb11ozをウエイインしてトータルウエイト25Lb7ozで17位につけている。一方、宮崎友輔さんは68位、桐山孝太郎さんは87位で大会を終えることとなった。
+BASS
+成績