ロイド・ピケットが初日をリード/FLW EverStart Series Southeast 第4戦:初日

 EverStart Series Southeast Divisionはシーズンの最終戦となる第4戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはアラバマ州ピックウィック・レイク。この日、トップウエイトとなる24Lb15ozをウエイインしたのはロイド・ピケットだった。「朝はストライクキングのクランクベイト、6XDを投げて数尾キャッチしたが、その後はキャロライナリグのベビーブラッシュホッグにスイッチした。シャッドが表層にいなくなっていたせいか、バスはボトムのほうがよくバイトしてきたんだ」と語っている。以下、上位陣は2位ウィリアム・デイビス、3位カート・マクガイア、4位ケビン・スナイダー、5位ランディ・ハインズとなっている。なお日本人アングラーでは小島宏さんが7Lb12ozで129位タイにつけている。
+FLW Outdoors
+成績

ルーク・クラウセンが逆転優勝/FLW Tour 第7戦 Opens:最終日

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されたFLW Tour第7戦”Opens”はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたファイナルでは、前日まで首位に立っていたマイケル・アイコネリが16Lb8ozをウエイイン。決して悪いウエイトではなかったものの、これを上回る19Lb4ozをウエイインしたルーク・クラウセンがトータルウエイト69Lb14ozでアイコネリを逆転して優勝を果たした。「正直なところ、2位をキープできれば上出来だと考えていたよ」というクラウセンがねらっていたのは、500×300ヤードほどのグラスエリア。水上からは視認できないグラスで他のアングラーのプレッシャーも低かったことから、トーナメント中はここで勝負すると決めていたというクラウセン。メインベイトはスイミングジグとZ-Manフィネスワームのコンビネーションだったと明かしている。
+FLW Outdoors
+成績

マイケル・アイコネリが首位で最終日へ/FLW Tour 第7戦 Opens:3日め

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されているFLW Tour第7戦”Opens”はトーナメント3日めを終了。明日のファイナルに進出する上位10名が決定した。前日の首位、ボビー・レインはこの日14Lb6ozと大きくウエイトを伸ばすことができず3位に後退、替わって首位に立ったのは前日2位のマイケル・アイコネリだった。この日18Lbをウエイインしたアイコネリは、トータルウエイトを51Lb9ozに伸ばしている。タイダルによって変わるコンディションにアジャストできたというアイコネリは「今日の釣りは90%の出来だった。首位に立てていい気分だよ」と語った。以下、上位陣は2位ルーク・ウラウセン、4位ブライアン・シュミット、5位デビッド・ダッドリーとなっている。前日5位につけていた深江真一さんはこの日9Lb10ozに終わり、15位でのフィニッシュとなった。
+FLW Outdoors
+成績

ボビー・ファーガソンが危なげなく逃げ切って優勝/B.A.S.S. Southern Open 第3戦:最終日

 テネシー州ダグラス・レイクで開催されたB.A.S.S.サザンオープン第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位12名で競われたこの日、2位に大差をつけていたボビー・ファーガソンは15Lb15ozをウエイイン。トータルウエイトを61Lb9ozとし、危なげなく逃げ切って優勝を果たした。ファーガソンがねらったのはディープレンジのレッジ付近にサスペンドしていたバス。水深は25〜30ftがメインで、ベイトはクランクベイトやスイムベイト、スイミングジグを使ったと語っている。
+BASS
+成績 

ボビー・レインが首位に浮上、深江さんが5位にジャンプアップ/FLW Tour 第7戦 Opens:2日め

 メリーランド州ポトマック・リバーで開催されているFLW Tour第7戦”Opens”はトーナメント2日めを終了。明日の3日めに進出する上位20名が決定した。ラリー・ニクソンとビック・バタラーロが前日のトップウエイトをマークしたが、ニクソンはこの日1尾で3Lb3ozと低迷し65位へと大きく後退、バタラーロも13Lbとウエイトを伸ばせず3位へ後退した。この間隙を突いたのが、前日5位のボビー・レイン。レインはこの日18Lb8ozをマーク、トータルウエイトを35Lb11ozとして首位に浮上した。以下、上位陣は2位マイケル・アイコネリ、4位ルーク・クラウセンとなっており、前日35位の深江真一さんがこの日18Lb5ozを持ち込んで5位にジャンプアップしている。一方、前日9位につけていた大森貴洋さんは2尾で4Lb4ozとスコアを崩し、96位でのフィニッシュとなった。
+FLW Outdoors
+成績

ボビー・ファーガソンが首位をキープ/B.A.S.S. Southern Open 第3戦:2日め

 テネシー州ダグラス・レイクで開催されているB.A.S.S.サザンオープン第3戦はトーナメント2日めを終了。明日の最終日に進出する上位12名が決定した。前日の首位、ボビー・ファーガソンはこの日のトップウエイトとなる20Lb6ozをウエイイン。トータルウエイトを45Lb10ozとし、2位ティム・スマイリーに7Lb2ozという大差をつけて明日の最終日へ臨むこととなった。以下、3位ロネー・ブラウン、4位アーサー・デフォー、5位ジミー・クラムという順位になっている。日本人では高野純之さんが36位、西尾龍介さんが151位でのフィニッシュとなった。
+BASS
+成績 

ニクソンとバタラーロが初日をリード、大森貴洋さんが9位発進/FLW Tour 第7戦 Opens:初日

 FLW Tourは第7戦Opensがメリーランド州ポトマック・リバーで幕を開けた。第5戦が増水の影響でキャンセルとなったため、FLW Tourは今回が実質第6戦となる。OpensということでB.A.S.S.組も数多く参戦しているこの大会の初日、トップウエイトとなる20Lb2ozを持ち込んだアングラーはなんと2名。同ウエイトで首位をシェアしたのはベテラン、ラリーニクソン(写真)とビック・バタラーロだった。以下、上位陣は3位マイケル・アイコネリ、4位グレン・ブラウン、5位ボビー・レインとなっている。日本人アングラーでは大森貴洋さんが15Lb14ozを持ち込み9位と好位置につけたほか、深江真一さんも13Lb7ozで35位と上位をねらえる位置につけている。
+FLW Outdoors
+成績

ボビー・ファーガソンが初日の首位に/B.A.S.S. Southern Open 第3戦:初日

 B.A.S.S.サザンオープンは第3戦がキックオフ。トーナメントウォーターはテネシー州ダグラス・レイク。この日、トップウエイトとなる25Lb4ozをマークしたのはボビー・ファーガソン。初日にして2位のゲーリー・ピルケントンに6Lb以上の大差をつけたファーガソンはパターンの詳細を明かさなかったものの、ディープエリアでの釣りだと語っている。以下、上位陣は3位ティム・スマイリー、4位ロネー・ブラウン、5位マーク・モールディンという順位になっている。日本人では高野純之さんが11Lb1ozをウエイインし37位、西尾龍介さんが1Lb10ozで150位につけている。
+BASS
+成績 

「ビッグチャンスフェア」を開催/シマノ

10shimanologo.jpg 株式会社シマノでは2011年6月1日〜2011年8月31日までの期間に「ビッグチャンスフェア」を開催する。シマノの釣り製品を1品5,000円(税込)以上購入して応募すると、総計10,645名に豪華賞品が抽選で当たる。賞品には液晶テレビをはじめ、電波式腕時計などが用意されている。また、スパイラルX構造採用ロッドを購入した方には、デジタルカメラが当たる「スパイラルX賞」、X-SHIP搭載リールを購入した方にはデジタルムービーカメラが当選する「X-SHIP賞」のチャンスも。「ビッグチャンスフェア」に関する詳細は下記のSHIMANO公式サイトにて。
SHIMANO

Abu-Tex レインスーツを新発売/ピュア・フィッシング・ジャパン

abu_logo001.jpg アブ・ガルシアブランドから、新しいレインギアAbu-Tex レインスーツが新登場。裂けにくいRIPSTOPポリエステルのAbu-Texの採用をはじめ、雨の多いこの季節を快適に過ごすための多彩な機能が盛り込まれている。

“Abu-Tex レインスーツを新発売/ピュア・フィッシング・ジャパン” の続きを読む