アーロン・マーテンスが初日のリーダーに/WON BASS U.S.OPEN 2011:初日

 アメリカ西部地区における年に一度のビッグイベント、WON BASS U.S.OPEN 2011が幕を開けた。トーナメントウォーターは恒例となっているネバダ州レイク・ミード。BASS Elite Seriesのレギュラー戦が終了したこともあり、リック・クランやアーロン・マーテンス、ゲーリー・クライン、清水盛三さんなど多くの有名アングラーが参戦している。初日のリーダーとなったのは12.98Lbをマークしたアーロン・マーテンス。以下、上位陣は2位レイ・アーベス、3位クリス・ボザース、4位ゲーリー・クライン、5位ウェイド・ストレリックとなっている。清水盛三さんはレイク・ミードを得意としているものの3尾のウエイインで4.17Lbと苦戦しており、初日は95位となっている。

+WON BASS
+プロ部門成績 

マーク・モドラックが逆転優勝/FLW EverStart Series Central 第3戦:最終日

 ミシガン州デトロイト・リバーで開催されたEverStart Central Division第3戦はトーナメントの全日程を終了。予選を通過した上位10名で競われたこの日、首位で最終日に臨んだトッド・シュミッツは13Lb6ozと大ブレーキで5位に後退。このチャンスをものにしたのは、前日まで2位につけていたマーク・モドラック。この日のトップウエイトとなる20Lb7ozをウエイインしたモドラックはトータルウエイト58Lb15ozとして見事な逆転優勝を果たした。「今日はかなりの数の魚をロストしたよ。私が釣っていたスポットはカレントが強く、まるでトラウトフィッシングだった」と語ったモドラック。メインベイトはストライクキングのシリーズ5クランクベイトとダウンショットリグのバークレイ3inフライ&ランチマネーチューブだったと明かしている。

+FLW Outdoors
+成績

トッド・シュミッツが首位に浮上/FLW EverStart Series Central 第3戦:2日め

 ミシガン州デトロイト・リバーで開催されているEverStart Central Division第3戦はトーナメント2日めを終了。明日の最終日に進出する上位10名が決定した。前日のリーダー、ジェアード・ロードはこの日17Lbとウエイトを伸ばせず3位に後退。替わって首位に立ったのは、前日7位につけていたトッド・シュミッツ。この日のトップウエイトとなる23Lb2ozをウエイインしたシュミッツは、トータルウエイトを42Lb12ozとして首位で明日の最終日に臨むこととなった。「ロケーションがキーだと思う。ビッグフィッシュのスクールを見つけられたことが大きい。2日間スクールを見つけたのが私だけだったということだよ」とシュミッツは語っている。以下、上位陣は2位マーク・モドラック、4位マイケル・トロンブリー、5位スキップ・ジョンソンとなっている。

+FLW Outdoors
+成績

ジェアード・ロードが初日をリード/FLW EverStart Series Central 第3戦:初日

 EverStart Central Divisionは第3戦がキックオフを迎えた。トーナメントウォーターはミシガン州デトロイト・リバー。北米五大湖のひとつレイク・エリーとレイク・セントクレアを結ぶ川であり、エリアは広大のひと言に尽きる。クオリティーの高いスモールマウスバスの釣り場としても知られており、この日は6名のアングラーが20Lbオーバーをウエイイン。21Lb7ozでトーナメントリーダーとなったのは、ジェアード・ロード。ロードは「ウエイトはよかったけど、キーパーは10尾ほどしか釣っていない。ディープエリアの釣りが得意だけど、今日はシャローでリミットを揃えたよ」と語っている。以下、上位陣は2位マイケル・トロンブリー、3位タイにラルフ・ブラゼイとスキップ・ジョンソン、5位スコット・ドブソンとなっている。

+FLW Outdoors
+成績

豪州で発見、道具を使う初の野生魚

 オーストラリアの沖合で目撃された、口に大きなザルガイをくわえたシロクラベラ。貝を岩に打ちつけて殻を割り、中身を食べる習性がある。この写真は2006年にグレートバリアリーフの水深18メートル付近で撮影された。道具を使う野生魚が確認された例は初めてだという。

“豪州で発見、道具を使う初の野生魚” の続きを読む

生態系調査:子どもたちが魚など観察--奈良・白砂川/奈良

 奈良市で地域おこしに取り組むNPO法人「オペレーションスマイル」が10日、同市・柳生地区の白砂川で生態系の観察調査をした。川に網を張り、上流側から子どもたちが棒で川面をたたいて魚を追い込んだ。ブラックバスの稚魚などが見つかり、地元の参加者からは「生態系が変わってきている」との声もあがった。

“生態系調査:子どもたちが魚など観察--奈良・白砂川/奈良” の続きを読む

清掃:外来藻を刈り取り カバタ維持へ住民ら70人--高島/滋賀

 自家湧水(ゆうすい)を生活に巧みに取り込むカバタで名高い高島市新旭町針江の住民ら約70人が10日、水路の琵琶湖への出口で、繁茂した外来藻を一斉に刈り取った。一帯は中島と呼ばれる長さ約200メートル、幅約30メートルの池沼で、オオフサモが水路をふさぐほど。針江地区の水路一斉清掃を前に、下流を大清掃した。

“清掃:外来藻を刈り取り カバタ維持へ住民ら70人--高島/滋賀” の続きを読む

絶滅危惧種の実態知って、ゲンゴロウなど50匹を展示へ/小田原

 県立生命の星・地球博物館(小田原市入生田)で16日から、「およげ!ゲンゴロウくん」と題した水辺の昆虫を集めた特別展が開催される。ゲンゴロウは水田の農薬使用などで県内では1990年代に姿を消した。同館で、生きた状態の生物を大規模に展示するのは初めてという。

“絶滅危惧種の実態知って、ゲンゴロウなど50匹を展示へ/小田原” の続きを読む